11月2日(火)シヴァムクティヨガWS


パク先生
☆ジヴァムクティヨガ・ベーシックのワークショップです。
(ワークショップの様子を ご覧になりたい方は下記のアドレスをクリックして下さい)                        ⇩
               http://www.chiekoschmitz.com/news/1227.html   

11月2日(火)10:30~12:10 (100分)

チケット2枚です。
ご予約の必要はありませんので、
直接スタジオにお越しください!

内容:
ジヴァムクティヨガの目的は、
「人間だけでなく動物や自然を含む
この地球に共存共生する全ての生き物の自由と幸せの為に
貢献できる生き方をすることで悟りを開く」ということです。

そして、その主な理念は「Lokah Samastah Sukhino Bhavantu」の
パワフルなマントラに全て凝縮されて現れています。

ワークショップツアーのテーマを
「Take Refuge in Lokah Samastah Sukhino Bhavantu」
(意味:全ての生き物達に幸福で安全な場所を提供する為に
貢献する事で自分も同じ場所を見つけることができる)
と決め、どうすれば平和に調和のとれたヨガの状態に近づけるのか、
シャロン先生から学んだその実践的な方法をジヴァムクティヨガ特有の
システムで分かりやすく、楽しく伝えていこうと思います。

各ワークショップの構成は最初又は最後に必ず瞑想を行い、アサナスタイルは
Vinyasa Krama(ヴィンヤサ・クラマ)です。

ジヴァムクティヨガ独特のパワフルかつスムーズで、
科学的なテクニックのビンヤサスタイルのアサナの
実践で動き大量の汗とともに身体の浄化を、
そしてマントラを唱える事で魂の浄化をします。

さらにヨガスートラの一節をアサナの実践の中で
教えることで知性への刺激を、そしてナダヨガといわれる音のヨガは
チャンティングやクラス中に流す魂を高揚される様々な
ジャンルの音楽によりカバーされワークショップが終わった後、
体・心・魂の調和を体験できる時間を目指しています。

講師:ヒキ・パク

プロフィール
YOGABREEZEディレクター
ジヴァムクティヨガ認定講師

11年前にアメリカのUCLAで留学中に始めてヨガの世界に目覚める。

その後、ヨガへの好奇心と
強いスピリチュアル世界の探求への意志は彼女をインドに導き
そこでアシュタンガヨガ、シヴァナンダ・ヨガ、レイキなど様々な流派と
スピリチュアルプラクティスに遭遇する。

2007年、シャロン・ギャノンとデイビッド氏の二人のグルーに出会い、
その二人が創始したヨガは人生の全ての場面において
実践するものと教えるジヴァムクティヨガに
出会いは彼女のそれまでのヨガ観を完全に変えてしまう。

ジヴァムクティヨガの
‘全ての存在に対しての思いやりを通しての悟り’
の教えに深い感動を受け2008年ニューヨークにて、
ジヴァムクティヨガの300時間ティーチャートレーニングを修了し
日本在住初、日本を代表する正式指導者になる。