上智大学公開講座 2013春期 初中級第3回目 ご報告


2013年5月8日水曜日
上智大学公開講座 「特別呼吸法とヨガ 初中級」3回目が開催されました。

インド帰りの千栄子先生の楽しいお話に、みなさん時間前から集まって耳を傾けていらっしゃいました。

この時期のインドは灼熱で、移動中のバスの中でも日傘をさしていたそうです!
すごいですね…!!

そして、インドの伝統的なヨガのエッセンスを日本に持ち帰るべく、アシュラムで学びを深めてきたそうです。

アシュラムではポーズだけではなくアーユルヴェーダを含め講義や伝統的な行事にも参加して体でインドの文化や哲学を体感します。

今の日本のヨガはアーサナ重視になっていますが、 そこを少しずつ変えていくべきでは?とのシュミッツ先生の長年の思いが、確信に変わったとおっしゃっていました。

みなさま、今後の展開をみなさまお楽しみに…!!(o^O^o)

この日のテーマは
「脊柱へのアプローチ」でした。

エネルギーの最も太い通り道であるスシュムナーナーディが通っている脊柱。
しなやかな強さを目指して調整していきました。

ここにアプローチをかけると、私は例え疲れているときでも、生命力がみなぎるような生き生きとした感覚が戻ってくるのが感じられます。

皆さまはいかがだったでしょうか?

最後はシュミッツ先生の優しい声でふんわりと心地よい世界へ♪
また来週~。

新緑の気持ちのいい季節、みなさま楽しくお過ごしくださいね。