上智大学公開講座 2013春期 初中級第5回目 ご報告


2013年5月22日水曜日
上智大学公開講座 「特別呼吸法とヨガ 初中級」5回目が開催されました。

「胸を開く」がテーマでした。

姿勢は、心の在り方に大きく関わっています。
「堂々と胸を張って『落ち込んでいるの…』と言う人はいないし、
胸を閉じ背中を丸めて『とってもいいことがあったの!!』と言う人はいないですよね」
と、シュミッツ先生。

明るい気持ちのとき→自然と胸が広がる
胸を広げることで→明るい気持ちになる

こんな風に姿勢を意識して変えていきたいところです。

でも残念ながら、普段の生活で胸を広げる=後屈することはほとんどありません。
だからヨガで行うことが大切なのです。


アーサナの時間は、肩まわりをほぐして胸が広がるようなものをたっぷり行いました。
自然と目線も上がり、表情も生き生きとしてきましたよね!
さらに腸腰筋や大腿四頭筋を伸ばして準備万端。
最後はラクダのポーズで胸を開放です!

みなさん見事なラクダになっていました♪

もうすぐ梅雨に入りますが、気持ちが沈みそうなときはこれを思い出して、胸を広げてみてくださいね(o^O^o)

次回も元気にお会いましょう!