上智大学公開講座 2013春期初中級 第6回目 ご報告


2013年5月22日水曜日
上智大学公開講座 「特別呼吸法とヨガ 初中級」6回目が開催されました。

「180°の視点変換」「瞑想入門」がテーマでした。

シュミッツ先生の講義でクラスが始まりました。

「私達は一定方向から物事を見ることが多いものです。
でも、例えば円に見えたものは、他の方向から見たら円錐かもしれないし円柱かもしれません。
そして円錐だったら角度によって三角形に、円柱だったら四角形に見えたりしますよね。」

アーサナでも逆転形のものをメインに行いました。
いつも見えていたものが見えなかったり、違うものに見えたり、また今まで気付かなかったことに気付いたり。

さらに血流が良くなり、脳の中まですっきりしてきます。

「身体の中で一番酸素を必要としているのは脳です」とシュミッツ先生。
「脳には数分酸素がいかないだけて人は死に至ってしまいます。」

逆転といっても逆立ちだけでなくゆるやかなものもたくさんありますので、楽しみながらいつもと違う世界を味わっていただきました。

その後は瞑想の入門です。
シュミッツ先生の誘導にのって、カウントダウンしながらの瞑想です。
逆転ポーズで刺激されたみなさんの脳や身体全体、どんな感覚が広がったのでしょうか♪

この講座も後半にさしかかりました!
また次回元気にお会いできますことを楽しみにしています。