上智大学公開講座 2013春期 初中級第7回目 ご報告


6月5日水曜日
上智大学公開講座 「特別呼吸法とヨガ 初中級」7回目が開催されました。

「ヴィンヤサヨガ」「瞑想体感」がテーマでした。

ヴィンヤサヨガとは、呼吸を安定させ、そこから生み出される流れに乗ってポーズを行うスタイルのヨガです。
力強いエネルギーの流れを感じ続けることができます。

「では、エネルギーとは何のことでしょう?」
とシュミッツ先生。

「力」「元」「源」「原動力」「自分を動かすもの」「宇宙と自分をつなぐもの」「愛」「呼吸」…
みなさんからいろいろな言葉が出てきます。

「その全てを合わせたものがエネルギーなのかもしれませんね。ではそれを感じながらポーズを行いましょう。」
との声でポーズが始まりました。

いつもはひとつずつ確認しながら行ってきたポーズ。
それを、内側を感じて流れるように連続して行いました。

続けていくとだんだん「無」の感覚になっていきます。

シャバアーサナの後は瞑想へ。
シュミッツ先生の誘導にのってふんわりと心地よい世界へ誘われます。

終わった後も気持ち良くて動きたくないほどです。
また来週も元気にお会いしましょうね♪