上智大学公開講座~中級~④


10月28日(木) 19:00~20:30 
講師:シュミッツ千栄子先生・乳井先生

今回の講義は、
アーサナ(4)・前屈と股関節を開くポーズ・リラクゼーションが行われました。

今回の講座で乳井先生のレッスンが終わりになりました。
行ったアーサナの取り方は、効率よく柔軟性をつける方法です。

みるみるうちみ目の前で体が伸び

こんな状態に・・・。
開脚前屈

ウパヴィシュタ・コーナ・アーサナ
座位の開脚のポーズです。

女性の方は特に、骨盤付近の血行も刺激して、
月経の血流や卵巣の機能を調整したり
婦人疾患にもっとも効果的な体位の一つです。

体がどんどんと柔らくなってしまえば
体の可動域も広がり乳井先生が教えてくださった方法で、
誰でも柔軟性を高めることがさらにできると思います!

面白いくらいに生徒さんの体がその場で柔らかくなるので
私も、その方法でやってみると
自分の体では無いような感覚をを味わいつつも
私の体こんなに柔らかったっけ?という疑問と喜びが・・♪

色々なアーサナも取りやすくなったりもして
とても勉強にもなる講座です。

アーサナの後は、シュミッツ千栄子先生による呼吸法の誘導と瞑想でした。
千栄子先生の指導によるヨガニードラと、呼吸と瞑想誘導で、
「これで、また一週間、楽に過ごせる!」とリラックスしている間に、
その誘導内容には、いつのまにかヨガの智慧が組み込まれて、それを体験できるのです。

大学内で行われるヨガの中級クラスはしっかりとプログラム化されていて
・・さすがに奥が深く、濃厚でお得です。

アーサナ

乳井先生は、7年ほど前に
シュミッツ千栄子先生がインド大使館で教えていた頃、
シュミッツ先生のアシスタントを務められ、呼吸法講座の前にヨガを教えていたそうです。

なるほど、お2人息が合ってます。

乳井先生ありがとうございました、また来年の春期の講座で!

次回の講座は、11月 4日(木) 19:00~20:30
アーサナ(5)・逆転のポーズ・リラクゼーションになります。