上智大学公開講座 2013秋期 初中級第2回目 ご報告


2013年10月9日水曜日

上智大学公開講座
初中級ヨガと特別呼吸法 第2回目が行われました。
テーマは「コアを意識する」・「リラクゼーション」です。

初めにシュミッツ先生から本日のテーマについての説明があります。
「”コア(体幹)を鍛える”というと、力を入れて硬くすることをイメージしがちですが、決して固める必要はなく、むしろ柔軟性を持たせることが重要です。」
「柔らかさを保つこと、それがひいては氣の流れを良くすることに繋がるのです。」

20131009_1

楽しいおしゃべりのようにお話は進みますが、実は重要なエッセンスが散りばめられています。メモを取りながら熱心に聴いて下さるかたもいらっしゃいます。

20131009_220131009_4 まずは体全体をほぐしていき、準備をします。

コアを固めることにではなく、コアと四肢との繋がりを意識しながらポーズを深めていきました。見た目に簡単そうに感じるポーズが、コアをコントロールしながら行うと結構きつかったり、各々の気づきがあったようです。

20131009_5
最後はちょっと遊び感覚で、コアを力強く、かつ柔軟に使うことを体感して頂きました。
子供の頃は簡単にできていたはずの動きなんですけどね~…。

十分に体を動かした後は、シャバーサナをたっぷり行い、もう一度自分のコアに意識を向けながら少しの間、静かに座ります。

皆さんスッキリしましたでしょうか?

来週も楽しみにお待ちしています!

20131009_6