上智大学公開講座 2013秋期 初中級 第4回目ご報告


2013年10月23日 水曜日 
初中級ヨガと特別呼吸法第4回目が行われました。

本日のテーマは『股関節の柔軟を高め鍛える、リラクゼーション』です。

まずは今日のテーマについて、シュミッツ先生から解説があります。
「体幹と脚をつなぐとっても大きな関節である股関節。日常生活の動作で股関節を開くことは皆無ですから、ヨガで股関節周りを動かすことできっと全身スッキリしますよ。」
20131023_1
ある人は開くのは得意だけど、閉じるのは苦手。ある人はその逆、などなど…、股関節の可動域は大きく個人差がありますので、本日は万遍なく股関節周りの筋肉を鍛え、伸ばしていきます。クラス冒頭にシュミッツ先生も仰っていたのですが、「伸びる筋肉の裏には収縮する筋肉がある」ので、これらを双方向からアプローチしていくのです。

それにしても、写真で切り取ってしまうと、ふざけているのか?だらだら横に寝っ転がっているのか?と思われるかもしれませんが…。あくまでも皆さんで「楽しく」股関節を鍛えています。
20131023_4
20131023_5
こうやって、股関節周りが温まってきますと、普段よりもポーズに深く入っていけるのです。
20131023_3
クラス終了後の安楽座が楽になった、とのお声もいただきました。
普段滞っている股関節周辺の血流もアップしていますので、全身の血行、血色もよくなりますよ。
20131023_2

お疲れさまでした!
「筋肉痛になるようなことはなく、股関節周りがスッキリして気持ちがいいはずです」というシュミッツ先生のクラス前のご説明に反して、かなり筋肉使ったなあ、という感じがあったようです。翌日はいつも使っていなかった筋肉が重だるくなるかもしれません…が、悪いことではないのでよ~くほぐしておいて下さい!

来週もお待ちしております。