上智大学公開講座 2013年秋期 初中級講座8回目ご報告


11月20日水曜日

初中級ヨガと特別呼吸法第8回目が行われました。

今日のテーマは『ウェルネスアーサナ、呼吸法、グループ瞑想』でした。
「ウェルネス」について、総合的な意味で体・心・社会における「ウェルネス」とはどんなものか、というシュミッツ先生のお話から始まりました。そして健全な体と心と社会について、皆さんがどのように捉え、日々を過ごされているかシェアして頂きました。
20131120_7

仕事に忙殺されがちなので、ゆったりと休息をとるよう心がけているというかた。
体のために、意識して歩いたり階段を使うようにしているかた。
自分や家族の健康のために、食べるものに気を遣っているというかた。
ご自身の能力を活かし、自発的に社会貢献されているかた。
心の安定のために瞑想を行っているというかた…。
こんな風に皆さんがそれぞれに心を配ることで、健全な社会が成り立っていくのでしょうね。

今日のアーサナクラスは、いつも働いてくれている体を労いながら、頭のてっぺんから爪先まで意識を向けていきます。

 
まずは足先、手先から丁寧に関節を動かし、立位では下半身の力強いグラウンディングと上半身の心地よい開放感を味わいます。
 20131120_2
先週のヴィンヤーサの復習も兼ねて、簡単な連続ポーズで呼吸への気づきを深めた後は、背骨を捻じったり、前屈や後屈のポーズで呼吸をすることで、腹部をやさしくマッサージしていきます。
 20131120_420131120_3
壁を利用して首へのストレスを軽減しながら、ゆったりと逆転ポーズを行うことが出来ました。
20131120_520131120_6
 
シャバアーサナの後は、皆さんが同じ時間・空間を共有していることを感じながら簡単なグループ瞑想を行いました。
グループで行う瞑想は、一人静かに座るのとは全く違った味わいがあります。
 20131120_8
自分自身の体と心のケアのためにも、皆さんヨガ・瞑想を続けて下さいね!
 
来週もお待ちしております!