上智大学公開講座2014年春期 アドバンスヨガと特別呼吸法 第7回目ご報告


6月4日水曜日
上智大学公開講座 アドバンスヨガと特別呼吸法第7回目が開催されました。
今回のテーマは「逆転のポーズ、リラクゼーション」です。
「皆さん子供の頃、逆立ちってやってみたりしませんでしたか?」
今日もシュミッツ先生のお話から始まります。
20140604_9
大人になると逆立ちをする機会はなくなり、そのまま出来なくなってしまいますね。逆立ち練習を行うようなスポーツというのもあまりありません。ヨガでは、アーサナの王様と言われているシールシアーサナ(頭立ちのポーズ)、女王様と言われているサランバサルヴァンガアーサナ(肩立ちのポーズ)、どちらも心臓が頭より上にくる、逆転のポーズです。
「全身に血流を促す逆転のポーズというのは、ひいては血管を鍛えているとも言えるわけで、大変重要です。子供はそのことを本能的に知っていて、遊びの中でやっているのかもしれませんね。」
今日はこのアーサナの王と女王に挑戦していきます。
体の側面や裏側(特に腿裏や腰)を伸ばし、胸を開き、喉や首をリラックスさせつつ、頭を下げて視点が転換することに慣れていきます。
 20140604_8 20140604_3
20140604_6
そして、まずは逆転の状態を味わうため、こんな風に椅子を利用します。初めて見るとびっくりするかもしれませんが、実際はどこにも負担がなく逆転のポーズの効果だけを得る、という素晴らしい方法です。勇気を出してやってみると、シャッキリ覚醒して「気持ち良~い!」と、皆さん目がキラキラしてきました。
 20140604_4
効果を味わった後は、いよいよこれを自力でやってみる練習です。
シュミッツ先生が腕の使い方について、細かい指導をしてくださいます。
20140604_5
壁に 向かってペアのかたにもサポートしてもら いながら練習しました。今日初めての頭立ちというかたも、壁にもたれずに見事に自立できました!皆さんばっちりです。
 20140604_2
最後は肩立ちのポーズも壁を使うことで、いつもより深く入っていきました。高揚していた神経も徐々に静まっていきます。そして今日はそのまま壁側に一列に並んでリラクゼーションに入りました。いつものように皆さんで静かに座って終了していきます。
 20140604_120140604_7
お疲れさまでした。
春期講座も、あと4回です。来週も楽しみにお待ちしております!