上智大学公開講座2014年春期 アドバンスヨガと特別呼吸法 第8回目ご報告


6月11日水曜日
上智大学公開講座2014年春期 アドバンスヨガと特別呼吸法 第8回目が開催されました。
先週、逆転ポーズを練習したことで腸が活性化された!とのご報告がありました。内臓機能にまで働きかけてくれるのがヨガのアーサナのすばらしいところですね。
そして本日のテーマは「アームバランス、誘導瞑想」です。
アームバランスに関するシュミッツ先生からのアドバイスは、
重力と仲良くなって、やじろべえのように揺れながらバランスを楽しむ、ということ。
揺れ動く体を感じながらも、いかに動じない心を保つか、がポイントになります。
20140611_1
準備の動きの中で、いつもは意識しづらい肩甲骨を手で触れ、肩甲骨と腕の動きの連動を再確認して頂きました。
肩関節と股関節を重点的にほぐした後は、アームバランスのポーズを徐々に難易度を上げながら実践し、体幹の筋群のスイッチを入れていきます。腕で支えるポーズだからといって、腕にムキムキの筋肉が必要なわけではありません。いわゆるインナーマッスルを上手に使って体幹を安定させることが重要です。
 20140611_7 20140611_8
最後は鶴のポーズと天秤のポーズにも挑戦していきました。じわじわと汗がにじんできたよう。試行錯誤の中で、うまくバランスポイントが見つかると、ふわっと浮き上がる瞬間が訪れます。
20140611_5
にっこり!余裕の笑顔です。
20140611_4  20140611_3
シャバアーサナでくつろいだ後は、シュミッツ先生による誘導瞑想の時間でした。皆さんのハートの奥、魂から沸き起こる願いや想いがきっと叶えられますように…。静かに合掌をして終了です。
 20140611_2
お疲れさまでした!来週もお待ちしております。