ヨガコラム「半漁王のポーズ」


 

 

ヨガコラム

「半魚王のポーズ」

半魚王のポーズ

ヨガクラスの中でよく行われる

半魚王のポーズ

なぜ「半魚王」と言うのでしょうか?

サンスクリット語では、アルダマッツェンドラと言います。

アルダ=半分、途中

マッツェンドラ=魚の王

という意味なのです!!

魚の王という名前は、ヒンドゥー教の神話から基づいています。

ヨガの開祖であるシヴァ神が魚を神に変え、神に変わった魚はヨガを練習するようになりました。

神になった魚は、やがて陸にあがり、ヨガを広めた

と言われております。面白いですね!!!

そんなアルダマッツエンドラーサナは、

深くねじるポーズですが、実は素晴らしい効果があるのです。

深くひねることで、内臓を圧迫し、

肝臓、腎臓を活性化します。

これは、整腸作用、便秘に効果があります。

また背骨が活性化することで、

血行促進、腰背中の疲れ、坐骨神経痛、ウエスト・背中・お尻の引き締め、美肌に効果ありです。

疲労にも効果的ですよ♪

ぜひお家でも試してみて下さい(゜U゜)☆☆