ヨガコラム「さそりのポーズ」


本日は、難しいポーズである

「さそりのポーズ」

をご紹介します☆

① さそりのポーズ (ピンチャマユラーサナ)

さそりのポーズ1

☆やり方☆

1、肘を曲げ、前腕は肩幅にして互いに平行に、身体をダウンドックの形にする。両手のひらを広げて手首の内側を強く床に対して押す。

2、脚を上半身の方に少し歩く。

3、コアを引き上げ、腕と肩の間に空間をつくる

4、腕と肩の間の空間がなくならにように、コアを引き上げながら、ゆっくり片脚ず上に上げる、

5、上まであがったら、コアは引き上がったまま、背筋を上に引き上げる意識をし、上半身がぐらつかないよう意識する

6、肩と、腕は、支えになっているが、あくまで土台。肩、腕、コア、背筋のバランスで止まる。

☆効果☆

精神的に大きな効果をもたらし、恐怖心をとりのぞき、自信と集中力を非常に高める。
背骨全体が強い刺激を受け、機能保持に役立つ。
腹部筋肉が伸ばされ、肺も完全に広がり、内臓、呼吸器系を活性化させる。

肩、腕、背中の強化・肩、首、胸、腹のストレッチ・バランス感覚の向上・脳を休める。ストレスおよび軽いうつの軽減・

② さそりのポーズ2

さそりのポーズ

☆やり方☆

1、手首、肘、肩、腰が一直線、コアを引き上げ、背筋も上に引き上げる意識をし、ハンドスタンドになる

2、バランスがてれたら、両膝を曲げ頭にくっつける

難しいポーズのため、ヨガのレッスンでは上級者向けのレッスンで行もなわれること

が多いですが、実は練習すれば、快適に安定してできるポーズです!!!

壁やペアを組んで是非、チャレンジしてみて下さい☆