シュミッツ千栄子から 被災者の方へ


被災者の皆さまへ

3月11日に発生いたしました東日本大地震により、亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、
被災された皆さま、そのご家族の方々に対し心よりお見舞い申し上げます。

避難生活ではお水もないと報道されています。
お子さんのミルクや離乳食も不十分だとも。
母であるわたしが、もしその立場でしたらいてもたってもいられない。

暖房も毛布もなく寒さで凍えて夜を過ごされているのですね。

住まいが崩壊してしまったり・・なにもかもが一瞬にして無くなってしまったのですね。

テレビで放映された学校の校庭に大きく書かれたSOSが目に焼きつきました。
助けがまだ来ていない。

ご家族が見つかっていらっしゃらない方も大勢いらっしゃる。
生き埋めの方も。

また、怪我をされている方、病気の方、お年寄りの不自由な方、どうされているのでしょうか。
ご家族やご友人が亡くなられ明日も分らず、心も折れてしまう。

被災者のみなさまは、
とうてい計り知れない、苦しみと不安と悲しみの中で絶えていらっしゃる。
このように言葉で表すたびに、おこがましいのですが。

わたしたちに出来ることを見つけ出して全力で向かいます。
今は、わたしに、お祈りをさせてください。
当スタジオでは、本日から、被災者のみなさんへの瞑想と祈りの時間を設けました。
ヨガクラス中は一切電気を使わずに。

わたしとわたしの仲間たちは、被災者の方の苦しみが一刻も早くに解決されますように祈り続け、
また、被災地で懸命に救助してくださる方への安全をも願い。

信じて私たちは祈ります。
どうか乗り越えてくださいませ。

2011年3月13日
シュミッツ千栄子