ボランティア活動のご報告2


4月15日(金) 味の素スタジアムへ、2回目のヨガ&呼吸法クラスに行って参りました。
当日、集合時間直前に京王線が事故のためストップしてしまうというトラブルがあり、ひやひやしましたが、直前に電車は再開し、なんとか約束の時間に駆けつけることが出来ました!
活動に参加しようとスタジアムに向って下さっていた方が他にもいらっしゃいましたでしょうか。
またの機会に是非宜しくお願い致しますね!

このトラブルのため、アサナの講師を担当される予定だった萩原香先生に代わり、
シュミッツ千栄子先生のワークショップの生徒さんの坂本季実子先生が急遽講師を務められることになりました。
シュミッツ先生は、駅からスタジアムまで歩きながら、坂本先生と打ち合わせをされていました。

前回同様、スタジアム内のフリースペースでのクラス。
今回は8名がスタッフとして参加して下さったため、YOGA WORKSさんからお借りしたマットのセッティングもスピーディーに終えることが出来ました。皆さんご協力ありがとうございました!
準備万端。今回は、どんな方が参加されるのかなー。と開始時刻を待ちます。
開始時刻となり、先生方の紹介でクラス開始となりました。

楽しくウォーミングアップ!

楽しくウォーミングアップ!

今回は、マットの周りを走り回るウォーミングアップでスタート。
まるでヨガとは異なるようなこの動きですが、走っているうちに、体も心も暖まってテンションUP!
参加者同士、走りながら握手を交わします。

ヨガって、他の人と競争したり比べたりしない自分一人のもの。でも、一緒に同じ空間で同じ空気を吸う方々と少しでもコミュニケーションが取れているほうが、断然リラックス出来て心地良いように思います。
体を動かした後は、しばしシャバーサナでクールダウンし、アサナが始まります。

スリムなデニムでも、難なくこなす坂本先生♡

スリムなデニムでも、難なくこなす坂本先生♡

今回は、太陽礼拝をメインにエネルギーを充填するタイプのアサナが行われました。
「朝起きた時が効果的ですよー。」など説明をされながら、丁寧にひとつひとつ進められました。急遽のミッションにも関わらず、坂本先生はにこやかに私達をリードして下さいました。

アジャストもバッチリ!! 決めています

アジャストもバッチリ!! 決めています

坂本先生、デニムで太陽礼拝!!さすがです。ありがとうございました!

参加された被災者の方々は初めてとおっしゃっていましたが、最後まで付いて来ていらっしゃいました。パワフルですねー。お手伝いスタッフの方が、途中でへたばっていたとか(笑)

身体と共に、マインドもクールダウン

身体と共に、マインドもクールダウン

長い長~いのシャバーサナの後、呼吸法が始まりました。
シュミッツ千栄子先生の指導により、動きと呼吸を連動させるエネルギッシュな呼吸法をいくつか体験したあと、深くゆったりとした呼吸法。そして各々瞑想を行いました。

呼吸法によって、効果的に瞑想へと導かれて行きます

呼吸法によって、効果的に瞑想へと導かれて行きます

今回は1回のみの開催でしたので、前回よりゆっくりと時間をかけたクラスとなり、終了後には、被災された方と個々にお話をさせて頂くことが出来ました。

皆さんそれぞれの日常を突然中断させられて、東京に来られています。
味の素スタジアムには、現在は主に、原発の影響を逃れていらっしゃった方が仮住まいされています。人数は日々流動的で、自宅に戻られる方、新しい生活を始めるべく新居に移られる方で人数が減る一方、数日前の余震後には、また新たに避難して来られた方もいらっしゃるそうです。

新生活を始めようにも、東京での住まいや仕事の確保はなかなか諸条件が揃わず、皆さん落ち着かない毎日を過ごされています。
そのように先行きが見えない中で、それでもこの瞬間、笑顔を見せていらっしゃる参加者の方々の姿に強さを感じずにはいられませんでした。

そして本当に何かしら力になりたい。という気持ちが湧き上がってきます。
活動をする中で、私達お手伝いスタッフの間には、「何かしたい。でも何も出来ない。」という葛藤があります。何かをしたとしても、自己満足に過ぎないかもしれない。という思いもぬぐえません。
でも悩みながらもやっていこうと思っております。

今回の活動を終え、もう少し先に、このようなクラスが今より必要とされる時が来るように感じています。
この日、隣のスペースでは、ネイルアートのボランティアコーナーがありました。とても賑わい、沢山の女性の方々が笑顔をみせていらっしゃいました。

マッサージや、ネイルアート。体を委ねて施術してもらうと癒されますものね。
ヨガ。やってみると癒されるけれど、本当に疲れて参っている時には、なかなか自らそこに足を踏み入れようというパワーが湧かない方も多いかと思います。
今後、被災者の方々がこれからの進む道が決まって、頑張るぞ!って頑張って、でも疲れたなー。という時こそ、ヨガや呼吸法のクラスが何らかの手助けになるかもしれない。
だから、その時まで続けたい。
そのように思うと同時に、今私たちが、普通にヨガをすることが出来る幸せ。を改めて確認しました。
そして今回も、この場を与えて下さったスタジアムの関係者の皆様に感謝しながら、会場を離れました。

最後に、今回スタッフとして、参加してくださったHさんをご紹介したいと思います。
Hさんは、福島に住んでいらっしゃいましたが、今回の原発の影響で、今は相模原市の京王線沿線の娘さん宅に仮住まいされていらっしゃいます。

今回の活動を知り、スタッフとして参加して下さいました。
Hさんと私たちの出会いは、本当に不思議なものでした。
Hさんは、こちらにいらっしゃってから当初の一週間は出歩くこともほとんどなく自粛して過ごされていたとのこと。
自分は娘さん宅に来ることが出来たけれど、周辺のほとんどの方は不安を抱えながらも、どこにも行けず屋内退避の生活を送られていることに非常に心を痛め、申し訳ない思いを持っていらっしゃったそうです。
そんな中、古本屋さんでたまたま手に取られたヨガの本のスタジオ紹介のページで、京王線沿線の調布で呼吸法のクラス『シュミッツの森』があることを知り、興味を持たれます。

この本も、皆さんのお役に立てれたら幸いです!

この本も、皆さんのお役に立てれたら幸いです!

ちょうどその頃、こちらにいらっしゃる親類の方と待ち合わせをする機会があり、「調布で会おう」と言われ、「調布!?」と運命的なものを感じられ、予定時刻より早めに調布駅に着き、スタジオを探して訪れられたとのこと。
私たちはそんな経緯も知らず、4月の初めから、『シュミッツの森』で、何度かクラスをご一緒させて頂いていました。
伺ってびっくり!!こんな素敵な出会いってあるんですね!

今私たちは、Hさんの素敵な笑顔、ヨガ・呼吸法を楽しまれている姿に、力を頂いています。
いろいろお話する中で、私たちは、より深く身近なこととして今回の災害について考えるようになりました。

そして、こんな出会いがこれからどんどん拡がっていくことを願っています。
現在、『シュミッツの森』では避難者の方には、全てのヨガ・呼吸法クラスを無料にて、ご提供いたしております。

いつでも歓迎致しております!

いつでも歓迎致しております!

お知り合いの方などに避難されていらっしゃる方をご存知でしたら、お声掛け下さい。
『シュミッツの森』はいつでもWelcomeですよ~!

Hさんは、今月末には、福島に戻られるとのこと。
私たちに出来ることはあまりに少なく微力ですが、Hさんを応援し、Hさんを見習って、「今、やれること」をやって行きたいと思います。
Hさん、ありがとう!
残り少ない日々となりましたが、こちらで一緒に楽しい時間を過ごせることが嬉しいです。

*****************************************************