上智大学公開講座初級〜⑪


『ヨガと特別呼吸法によるストレス解消実践講座』
第11回は、特別呼吸法 ⑷ 個人と複数息合わせ呼吸法、リラクゼーション、
まとめでした。

アッと言う間に最終回となり、「何か聞いておきたい事はありませんか?」という
シュミッツ先生からの問いかけに、質問が集中します。
「体の左右差が気になるのですが…?」
「誰でも、左右全く対称って方はいないですよね?」
「顔を半分に分けて左右同じにすると、とても変な顔になってしまいますよね〜。」
先生のお話は、いつも具体的、かつ、楽しい!うなずきながら、納得です。

続いて、ストレッチで体の各部分を丁寧にほぐしながら、合間には必ず呼吸に意識を向け、
静かに今の自分を感じていきます。これって、とっても自分を大切に、愛おしく思える時間ですよね〜。
手首が固いと、思わぬ怪我につながりますが、ここでも一瞬にして手首が柔らかくなる方法を教えて頂き、お得な気分!
パラレル呼吸法にもすっかり慣れて、スムーズな動きで胸を開いていきます。気持ちいい〜。

 

東のストレッチです。
手で体を支える力も必要になりますが、先ほど手首を緩めているので、
皆さん、とっても綺麗にポーズが決まっています!
肩立ちのポーズ、鋤のポーズとどんどんバリエーションを進めていくうちに、アレアレ?
仰向けで空中で足を組んだり、開脚したり…かなり難易度が高くなってますよ〜!
このクラスって初級ですよね?
でも、決して無理をしているのではありません。最初から諦めるのではなく、挑戦してみる!という受講者の皆さんの姿勢が凄いのです!
シュミッツ先生も、お一人お一人の進歩が目に見えて分かるので、喜びと感動の笑顔です。

頑張った後は、至福の時間、リラクゼーション。
そして最後には皆さんでサークルを作って座り、お互いを感じながら
全員で息を合わせました。
皆さんで一つになり、つながりを実感できたのではないでしょうか?
講座が終わると、皆さん、美しく輝いてみえます!
この講座の担当コーディネータ教授、ボイド眞理子先生からの
「今こそ、呼吸法、なんですね…」というお言葉が深く心に沁み入りました。
     

無事、春期は終了しました。
また10月秋期での、リピートされる方々との再会も楽しみにしております。
ご参加下さった皆様、本当に有難うございました!

秋期のお申込は7月の下旬ごろから受付を行います。
詳しくは>>こちらからどうぞ