シュミッツ千栄子出版記念WS「シュミッツ式呼吸法」


アンダーザライトさん主催の「シュミッツ式呼吸法で心も身体もリフレッシュ」の本付き
出版記念ワークショップが行われました。

     
      

一般的に、ヨガというと、どうしてもポーズの練習が優先され、
呼吸法や瞑想の訓練は、非常に重要であるとされつつも、
後回しにされがちな傾向があるように感じます。
理由として、呼吸法や瞑想は外側からは見えない内的な感覚の要素が多く、
単純に真似することができないということと、
それ故に正式な指導者が少ないことなどが
あげられると思います。

そうした中、呼吸法や瞑想をきちんと勉強したいというニーズは、
ヨガインストラクター含め相当あるのではないでしょうか。
今回のWSや1週間前に開催された5日間の指導者養成講座は、
まさに絶好の機会でした。(ブログにて様子をご覧になれます)←クリック

始めに自己紹介の時間がありました。
自己紹介の中からも、同じような問題意識(呼吸法や瞑想をきちんと学べていない)を
持った参加者も多く、このトピックについての関心の高まりを感じます。

    
     

そして、シュミッツ先生から呼吸についての全般的なお話がありました。
呼吸することの意味、
呼吸が持つユニークな特性、
普段の生活で呼吸を意識することは少ないですが、
改めて呼吸の重要性を感じました。

シュミッツ式呼吸法インストラクターである
辻本智弘先生のリードで、呼吸機能を高める一連のポーズを実践し、身体を整えます。

   
    

呼吸をしやすくなった上で、呼吸法を実践。

そして瞑想へと誘導されていきます。

    
     

グループで実践することによるエネルギーの高まりや、
シュミッツ先生による巧みな誘導もあって、
今回はとても深い瞑想の感覚を味わえました。

また、当日は台風の影響もあり不安定な天候でしたが、
瞑想しているまさにその最中に
雷が鳴り響くという、大自然による絶妙な演出もありました。

終了後は参加者による感想のシェアがありましたが、皆さん晴れやかな表情で
それぞれが素晴らしい体験をしたようです。

最後のシュミッツ先生のお話では、1日1分でも呼吸法の実践を、とのこと。
まずは短い時間でも習慣にするところからスタートし、
今回のような体験を積み重ねて
自分の中で呼吸法をもっと深めていきたいと思いました。

参加していただきましたみなさま
アンダーザライトさん
シュミッツ先生にアシストしていただきました近藤真由美先生
ありがとうございました。

また
呼吸法のワークショップでお会いいたしましょう!