秋期上智大学公開講座 ストレス解消実践講座 始まりました!


10月11日(火)より、上智大学公開講座
ヨガと特別呼吸法によるストレス解消実践講座がスタートしました。
毎週火曜日 19時~20時半 全11回の講座です。
コーディネーターは、上智大学国際教養学部教授 ボイド眞理子先生。
比較演劇がご専門で、実はヨガのベテランでいらっしゃいます。
講師は、シュミッツ千栄子先生です。

少々緊張の面持ちでで集まって来られた皆さんに、シュミッツ先生は早速
「いつもワクワク、ハッピーでいたくないですか?」と、笑顔で語りかけます。
どうやらヨガや呼吸法は、とかく感情に左右されてストレスを溜め込んでしまう私達が
瞬時にハッピーになれるような、魅力的なツールのようです。
是非、使いこなしてみたいですよね~。興味津々。
ボイド先生もご挨拶の中で、
海外の演劇祭で審査員をされた時に腰痛になってしまわれた経験から
いかに生活の中でヨガと呼吸法が必要かを実感なさったと話されました。
続いて、皆さんの自己紹介。
3回連続で参加して下さっている方もいらっしゃいますが
今回は、ヨガも呼吸法も全く初めてという方が多いようです。

まずは、自分の体をやさしくケアするセルフマッサージから。
頭皮から足の裏まで丁寧に触っていくと、余分な力が抜けていくのを感じます。
そして、ヨガの基本である腰を立てて座る事に注意しながら、初めて習う呼吸法
「ヴィクトリー呼吸法」を行いました。皆さん、赤ちゃんの寝息のような静かな音をたてて、しっかり
できてますよ~。気持ち良さそう!
「毎朝、セルフマッサージと30秒の呼吸法だけでも、是非やってみて下さい。」と、シュミッツ先生。
1週間後の変化が楽しみです。
更に、首や肩、足首と全身の関節をほぐした後、全員で勝ち抜き足指ジャンケン大会です!
本人はチョキのつもりでも、パーに見えたりで大爆笑。
決勝戦はこのお2人でした。

猫のポーズ、ベビーコブラ、スーパーマンのポーズ等、ヨガのアーサナ(ポーズ)も
皆さん、すっとポーズを決め、初心者のクラスには思えない程。

レッスンの最後は、この時間の為にヨガをやっている!とおっしゃる方も多い至福の時間、
リラックゼーションです。マットに大の字に寝て、心も体も解放していきました。
全てレッスンを終えた後の、皆さんの笑顔がまぶしい!
1回だけでも、何だか体が喜んでる感じ?
「今日は疲れて…、どうしようかな?という時こそ、レッスンに来て下さいね。
続けて下さい」
シュミッツ先生は、もう11回終了後の皆さんのいい変化を確信して
楽しみにされているようですよ。
来年の事を言うと、鬼に笑われますね。
次回も、お待ちしております。