秋期上智大学公開講座〈中級ヨガと特別呼吸法〜④〉


第四回
秋期上智大学公開講座〈中級ヨガと特別呼吸法-アドバンスアーサナとメディテーション-〉

10月27日(木)、上智大学秋期公開講座〈中級ヨガと特別呼吸法〉が開催されました。
今回のテーマは「前屈と股関節を開くポーズ」です。

今日から二回にわたって教えてくださるのは、日本のヨガ界の第一人者として国内外にて広く活躍されているケン ハラクマ先生です。 (詳しくは >>こちらをクリック

アーサナに入る前に、まずはケン先生のお話から。
普段の練習の中でわたしたちはどんなことを意識したらよいのか、気の流れ、、、
さまざまなことについて、興味深く解説してもらいました。

たとえば、一日の中でも時間帯によって、またその日の自分のコンディションによっても、
求めるものはつねに変化していきます。

朝は、胸式呼吸でダイナミックな動きを織り交ぜて内側からエネルギーを
呼び覚ますような練習を。
反対に、夜には、ゆったりとした腹式呼吸で、どっしりと大地に還っていくように。

そのときどきの自分が心地よく快適でいられるためのアーサナを。
そんなふうに考えたら、いつも同じように行っている練習も、
新鮮でたのしくなってきますよね♫

ケン先生の面白くてためになるお話に、受講生のみなさんは真剣なまなざしで耳を傾けます。
ヨガの教えをいかに生活の知恵として取り入れて活かすか、
いろいろな経験話をまじえながら分かりやすくお話していただきました。

さて、秋も徐々に深まっていき、最近、夜の冷え込みが厳しくなってきましたね!
手や足先の冷えを感じている方も多いと思います。
背中や腰、股関節がガチゴチに固まってしまっている…
そんな悩みも多いのではないでしょうか!?
今回は、そんな方にピッタリのポーズです。

まずは、簡単なウォーミングアップ。
ヴィンヤサで、いくつかのポーズを組み合わせていきます。

それから、背骨をまっすぐにして立ってみます。

すると、あれ??・・・まっすぐの感覚って意外とむずかしいことに気づかされます。

下半身、上半身、頭。
三つのパートに分けて、それぞれの部位で気の流れを考えながら、まっすぐを意識していきます。

そうやって全身を意識してみると、今まで気づくことのなかった感覚が呼び起こされ、
つま先から頭のてっぺんまでスーッと通っていくような気持ちよさに包まれます。

さあ、ここからはペアを組みアジャストをしていきます。
一人で行う練習ではなかなか伸びない部分も、
無理なく自然に、気持ちよ~く身体がのびていきます。

ポーズごとに、どの部分をのばすかを意識することで、
体の深い部分がほぐされていきます。

無理に反動をつけるのではく、ゆっくりと。

からだを意識しながら行うことで、硬くなってしまった背骨や股関節は効果的にストレッチされます。

ペアで行えば、無理をせずリラックスできるので、効果もアップしますよ♡

普段あまり使うことのない部分が気持ち良くのばされて、
みなさん、こころもからだもスッキリされて帰途につきました。

ケン先生の型にはまらないユニークな発想、次回の講座がたのしみですね♫
今日は来てくださってどうもありがとうございました!

次回の中級講座は、
11月 10日(木)「逆転のポーズ、リラクゼーション」です。
お楽しみに!