上智大学公開講座 初中級第8回目


2012年12月5日水曜日
上智大学公開講座 初中級8回目の講座が行われました。

この日のテーマは、「ウェルネス・アーサナ」。
ウェルネス理論は、この講座を監修・サポートして下さっている上智大
学の師岡文男教授が研究されています。
師岡先生は、毎回この講座をとても温かく見守り応援してくださってい
るのです!

そんな師岡先生の意向を引き継ぎ、シュミッツ先生より
「ウェルネスや健康とはどんなどんな状態のことだと思いますか?」と
全員に質問です。

「体の健康だけでなく心も魂も健康なこと」
「人が喜ぶことをさせていただくのが幸せと思えること」
「自分と宇宙がひとつだと感じられること……」

う~ん、素晴らしいですね!

そしてご参加の方より質問が出ました。
「心と魂の違いは何ですか?」

ここからシュミッツ先生のお話に熱が入り、スピリチュアルな哲学トー
クが始まりました。
うなづく方、目を閉じて考える方、もっともっと知りたい!とおっしゃ
る方。。
奥が深く、シュミッツ先生でもこの時間に全部の説明はできません
(^^;)
さらに勉強したい方は、ティーチャートレーニングコースにいらしてく
ださいね(笑)

アーサナは、壁を使って肩立ちのポーズをピークに行いました。
アーサナの女王と言われるこのポーズ。
甲状腺・内臓を刺激するポーズで消化力も高めます。

そのままヴィパリータ・カラニでいつもと違うリラックスを。。
足のむくみも取れやすくなります。

シャバアーサナで目覚めの直前にシュミッツ先生がかけてくださる言葉
が、毎回心だけではなく魂に響いていること…
この日は感じた方も多かったかもしれませんね。

次回は今年最後のレッスンになります。
12月12日、みなさまの元気なお顔を見られるのを楽しみにしてい ます!!