ヨガ指導者養成講座レベルⅡ 第2回のご報告


2013年1月24日(木)
ヨガ指導者養成講座レベルⅡ の
第2回目が行われました。

本日は、座学。
アーユルヴェーダ、瞑想、そして、バガヴァットギーターと盛り沢山です。

アーユルヴェーダ、永原朱先生による講義から始まりました。

「アーユルヴェーダとは、生きる経典、生きる科学という意味。
私達が生き生きと生きるにはどうしたらいいかと考え、インドで生まれた叡智です。」と、永原先生。

アーユルヴェーダの歴史と役割に続いて
今現在のアーユルヴェーダの位置や
アーユルヴェーダの構成について学びました。
永原先生が、インドのアーユルヴェーダ施設を訪問された時のお話も交えながら教えて下さいます。
興味深く、また日常に繋がる例を挙げて下さるので、ぐんぐん引き込まれてします。

次は、シュミッツ先生による瞑想の講義でした。
ヨガインストラクターとして勉強しておくべき本のご紹介。
そして、「創造世界の究極的な真実とは?」
難しい議題もシュミッツ千栄子先生の現実世界に寄り添った講義で思わず納得!

そして、本日最後の講義は伊藤武先生によるバガヴァットギーター。

インド古典の中で最も有名な聖典。
伊藤先生の手にかかるとわかりやすい漫画になってしまいます!

先生の豊富な知識の説明でバガヴァットギーターが生き生きと動き出します。
面白い~!これが紀元前300年に作られたお話とは思えません。

講義は次回の講座へと続きます。
次回もヨガの叡智をしっかりと学びます!